更新601回目 弦交換時に弦の尺を取りすぎた時のデメリットは?

テーマは「弦交換時に弦の尺を取りすぎた時のデメリットは?」です。


 
今月は2週続けて、無給の週6勤務…ストレスフルの「Yuu」でございます。


 
先月「弦交換」をした事は何度か日記に書いたと思います。


 
その弦交換時に余分に尺を取りすぎたり、逆に尺が足りない状態やったとです。


 
そんな状態と言うのが下です。


 
尺の取りすぎ


ベース弦 尺長すぎ


 
尺が足りない


ベース弦 尺短すぎ


 
まだまだ感覚で切るのには慣れないね(汗)


 
こんな状態なんやけど、短すぎたり長すぎたりすると、どんなデメリットがあるのでしょうか?


 
例えば巻き数が多すぎるとチューニングが難しくなったり、短すぎると音が安定しなかったりするのかな(汗)


 
僕やっぱり細々した作業は苦手だな

スポンサーサイト

テーマ : ベース
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

巻きが少ないと、ナットで曲がる弦の角度が変わります。
角度が変わると、「弦をナットに押し付ける力」が変わるので、ネックに伝わる振動も変わり、結果若干音色が変わります。
あと、巻きが多いほうが緩みにくく/弦が延び難くはなるでしょうね。
巷で「ポストに2~3巻きは巻きつけましょう」と言われるのは、そのような理由かと思われます。

Re: 音が違うような…

>イラストリアスさん

巻き数が少ないと、見えない所で音に影響があるとですね(汗)

音がチューニングしてるのに聞き慣れた音とは何か違うような?とは思っていたのですが、自分の耳が可笑しいと思い放置してました…

巻き数が多いぶんに関しては、少ない時と比べ影響は軽微のようで安心しました♪

それにしても巻き数って、重要なのですね (^_^;)
プロフィール

残念BAシスト

Author:残念BAシスト
名前
・ Yuu(※コメント記載時の名前)
趣味
・「ベース」
・「アニソン&ゲーソンを聞く」
好きなアーティスト
・水樹奈々
・supercell  
・UVERworld  etc・・・

かうんたー♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月間アーカイブ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
友人のブログ&サイト
楽天
amazonリンク
ECナビ(アンケートサイト)
Twitter
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
19位
アクセスランキングを見る>>
ぶろぐ村 ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
人気ブログらんきんぐ!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
ブログピープル
ブログ王
ブログの殿堂
ブログランキング